ヤンヒー総合病院ロゴ

THE CENTER FOR HEALTH
A Destination for Beauty

TOP > アクアビューティ 保証内容

アクアビューティ 保証内容

保証に付いて (抜粋)

手術後、現地病院の明らかな医療ミスと判断した場合、6ヶ月以内であれば、アクアビューティの全額負担で病院との折衝、再手術の手続き、航空券の手配、ホテルの手配、現地アテンド等を行い、無料で再手術を受けていただきます。

手術内容により回復まで6ヶ月以上必要なケースでも、事前にご連絡をいただき認定された場合は、半年以降の再手術も可能です。

病院からの指示による入院期間の延長に付いては、追加料金の支払いの必要はございません。

回復状況により、安心して入院して頂けます。

帰国日の変更は病院からの指示による延長に付いては、帰国便の航空チケット料金は必要ございません。
病院からの指示による帰国日の延長に伴う宿泊延長も、料金支払いの必要はございません。

通常帰国日が変更になれば、現地で航空券を再調達をしなければいけません。
この場合も、アクアビューティの全額負担で延長して頂きます。

現地で医師のアドバイスにより追加手術を受けられた場合、アクアビューティ料金規定により帰国後にご精算願います。
現地で医師の判断で手術を受けられなかった場合、アクアビューティ料金規定により帰国後に受けられなかった部分の手術料金は、全額ご返金致します。

日本の一部の病院のように、出来るだけ多数の手術を受けさせて利益を上げる体質ではなく、提携病院の医師は不要な手術はお断りする場合もあります。
その場合は手術料金は全額ご返金いたします。

現地でご自身の希望により手術を受けられなかった場合も、アクアビューティ料金規定により帰国後に受けられなかった部分の手術料金は、全額ご返金致します。

現地でどうしても不安になり、ご自身の意思で手術を受けられなかった場合でも、手術費用は全額ご返金致します。

アクアビューティは、当サービスを行なうに当たり、お客様の安全を最優先に考え行動いたします。
また予測不可能な事体が生じた場合は、最善の対応を取り、お客様の安全と利益を最優先することを保証いたします。
どんなに最新の設備で経験が豊富な医師による手術でも、人の体は全て体質も体調も違います。
万が一の手術ミス、また手術後のトラブルもゼロと言う事はあり得ません。
また手術自体が成功しても、回復期間が長引く場合もございます。
帰国後の回復状況も千差万別です。
それらの問題に対するノウハウの蓄積、さまざまな問題点に対するお答えができます。

お客様の立場に立って手厚い保証を実行し、本当の意味で安心して海外での手術を受けていただけるのはアクアビューティだけです。

アクアビューティ保証例

一流の病院でベテランの医師が手術を行なっても、患者の体調や体質により、全く問題がなく完全に回復するとは限りません。
この事例は、過去アクアビューティ保証で再処置を行なった実例の一部です。
1,000件以上に及ぶアクアビューティでの術数のうち、 数十例のトラブルは多いのか、少ないかはご自身でご判断下さい。
前腕部尿道形成中の化膿 シリコンカテーテルを挿入している半年間には、ケアの方法により腫れや化膿のリスクは高いのが通常です。
このケースでは化膿した部分の処置を怠って手遅れ状態で、国内の外科病院ではケアが不能になりましたが、保証で渡航して頂き、担当のDr.スキットの適切な処置で程なく回復しました。
* 通常、このケースは自己責任に当たります。
S字結腸性転換手術後の腹膜炎 S字結腸性手術でも通常は問題無く回復しているケースが殆どですが、患者様の極度のダイエット等による体力的な問題等により、帰国後に腹膜炎のような症状が発生し、国内の病院へ入院されました。
入院のみで安静状態を継続した結果、回復されました。
健康保険に加入されていなかったため多額(40万円)の入院費用がかかりましたが、アクアビューティが負担させて頂きました。
* 本来は性転換手術とは因果関係が証明できず、自己負担に当たります。
二重瞼の左右不揃い 手術後個人差があるのですが、4ヶ月経過後も左右の腫れの引き具合に差があり、簡単な再修正で完全に左右が揃いました。
豊胸手術後のカプセル拘縮 カプセル拘縮が一番起こりにくい、テクスチャードタイプの最新型を使用していますが、個人差によりシリコンバグを人体が異物としてとらえ、繊維質の組織でその部分を守ろうとして片方の胸に固いカプセル拘縮が起きました。
発生率はごく少数で個人の体質による結果で、本来は手術の失敗ではないのですが、保証で拘縮したシリコンバッグを摘出していただきました。
再挿入は再度発生の可能性があり不可能との事でした。
エラ削りで、口が開かなくなった 美容外科手術では、エラ削りや頬骨削り等の輪郭形成が一番多く受けられています。
このケースでは手術後に患者様が「大きく口を開ける事ができなくなった。」というクレームで再渡航して医師に見ていただいたのですが、結果は、痛いので大きく口を開けるのをためらっていただけと判明。
医師の指導の元でトレーニングを数回行っただけで無事終了しました。
S字結腸性転換手術後の入院滞在延長 S字結腸性手術で下腹部を閉じたところ、腹部の脂肪層が厚すぎて接続が困難で、再度縫合になりました。
それに伴う入院延長と滞在期間が1ヶ月以上延長、ビザの取得、航空券の再購入など。
* 体重や体脂肪の多すぎる方は開腹手術を受ける場合には基本的に80kg以下にダイエットをして下さい。
表面に縫合痕が残る通常の縫合では問題はないのですが、ヤンヒー病院の縫合は、表面に縫合痕を残さない特殊な縫合なので、脂肪層が厚い場合は脂肪層が邪魔をして組織の癒着が困難な場合が多いという事です。
陰茎インプラント挿入用仮シリコン脱落 オプションのシリコン挿入用の空間を確保する仮シリコン挿入部分よりシリコンが抜けかけた為、保証で再処置を受けていただきました。
性転換手術の中で最も困難でデリケートなのが陰茎形成です。その間の回復状況も個人の体質や体調等のコンディションにより左右されます。
以上の例のように、手術にはトラブルはゼロではないのです。
しかしトラブルが起きても如何に的確なフォローを行なえるかが、
受けていただいたお客様には一番大事な事だと思います。

アクアビューティは、お客様との「末長いお付き合い」をモットーにしています。
完全に回復していただき、十分ご満足いただけるお体を手に入れた後まで
「受けて本当に良かった。」と思っていただけるサービスを追求しています。
アクアビューティプランで、安心して理想の自分を手に入れて下さい。